水のトラブルの内容について

水のトラブルといっても、内容は多岐にわたります。異常が発生する場所によっては接続している機器で発生するものもありますが、ここでは水のトラブルで特に多い、水漏れとつまりの二つの内容についてと、異常の発生を防ぐ対策方法などを説明します。

■甘く見てはいけない水漏れ

水のトラブルで一番多いのが水漏れです。これは実際に水を流してはいないのに色々な箇所から水が漏れている状態を指します。蛇口を閉めてもポタポタと水滴が落ち続けるというのも水漏れですが、漏れる量が多い場合、ひどい時には床が水浸しになったという事例もあります。最初は小さな水漏れだったものが徐々に量が増えていく可能性もあるので、発見したら早く対処を行う必要があります。
水が漏れる箇所も重要で、蛇口やシャワーヘッドなど本来水が出る箇所ならいいのですが、シャワーホースやパイプの接続部分など漏れるはずのない箇所から水が漏れているなら問題です。蛇口などは普段利用する時や掃除の際に、パイプなど普段見ないところは月に一回程度定期的なチェックを行いましょう。

■原因を作りやすいつまり

次に多い水のトラブルとしてつまりがあります。排水口から流れた異物が水が通る管を塞ぐ状況の事で、こちらもひどい時には水や汚水が溢れてしまいます。つまる箇所が排水口近くなら自分で異物を取り除く事も可能ですが、管の奥がつまっている場合、業者による管の取り外しや交換が必要な事もあります。
つまる物に関しては、お風呂や洗面所では髪の毛、キッチンでは調理の際の食材の欠片や残飯などがあります。つまりを防ぐ為には、排水口に防護ネットなどを被せて異物が管を通らないようにする他、こまめな掃除を欠かさないようにする事や、定期的に管のつまりを溶かして取り除く洗浄剤などを利用する事など、事前に予防する事が効果的方法として挙げられます。

■まとめ
水漏れもつまりも、掃除や普段のチェックで防ぐなど、ある程度は事前の対策を講じる事ができます。しかし、部品の経年劣化によるものが原因で起こる水のトラブルもありますから、全ての異常発生を防ぐ事は難しいと理解しておく必要があります。業者の中にはそれほど高くない費用で水回りの専門的なチェックを行ってくれるところもありますので、そちらを利用するのも一つの対策方法です。対策をしても慢心せずに、実際にトラブルが発生した時どうすればいいのか、トラブルシューティングもあらかじめ考えておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ